イビサクリームは顔のシミやニキビ跡に効果ないという証言を暴露

イビサクリームはデリートゾーンの黒ずみだけでなくシミや脇の黒ずみなど全身に使える薬用美白クリームです。

イビサクリームは万能な美白クリームと言いたい所ですが、市販で販売されている顔のシミにアプローチすると言った様な美白化粧品と比べてどうなんでしょうか?

少し気になったのでイビサクリームと顔のシミの関係を調べる事にしました。そしてイビサクリームのメリットデメリットがある事が分かったのでこちらのホームページにまとめる事にしました。

イビサクリームと顔のシワについての口コミ

●デリケートゾーンの黒ずみに変化を感じたので顔のシミにも使用していますが、今の所効果ないです。

●口コミで顔のシミ(ニキビ跡)が薄くなると言ってたので1週間使っていますが、肌の潤いは感じるものの肝心の顔のシミは効果なし

この様な悪い口コミを読んでしまうと、やはりイビサクリームは顔のシミに使う美白クリームというよりもデリケートゾーン(vioライン)専用なのではと思ってしまうのは私だけでしょうか?

ところが、化粧品口コミサイトのアットコスメなどに投稿されている口コミや美白化粧品を取扱ってしるブログを読むと圧倒的に顔のシミに変化を感じたという方が多かったんです。

顔のシミとデリケートゾーンの黒ずみの違い

顔のシミでも

イビサクリームを顔に塗るときの注意点

 

イビサクリームは顔のシミに効果が期待できますが、顔の粘膜部位のまぶたの中や耳の中や鼻の穴、口の中に使う事はNGとなっていますのでご注意ください。

 

そもそもイビサクリームは顔のシミに効くのか?

美白有効成分としてトラネキサム酸、グリチルリチン酸2kが配合されているので、シミの原因であるメラニンの生成が抑えられ、肌の炎症を抑え肌の生まれ変わり(肌のターンオーバー)を促す効果が期待でる事がわかります。

それだけではなく、これらの美白成分の特徴は刺激が殆どないという事でも有名な成分なので肌の敏感な方(直ぐにピリピリ、赤み、かゆみ等がすぐに出てしまう人)に最適な美白クリームだという事が判明しました。

イビサクリームと顔のシミまとめ